その他の読みもの

世の中のアレコレを語るためのサイトです。

ネット通販で買ったものを、コンビニ受取するメリットを調べてみた。深夜や早朝に宅急便を受け取りたいなら、コンビニ店頭で受け取ろう!

f:id:cardmics:20170410125338j:plain

通販で購入したものをコンビニで受け取ることが出来る「コンビニ受取」。

  • 通常配送:自宅まで商品が届く
  • コンビニ受取:コンビニで商品を受け取る

ただ『通販って自宅まで届けてくれるのに、なぜわざわざコンビニ受取するの?』と疑問に感じる方は多いと思うので、今回はコンビニ受け取りのメリットをわかりやすくまとめてみたいと思います。

詳しく知ればあなたもきっと、コンビニ受取を利用するかもしれませんよ。

コンビニ受取のメリットまとめ:

1.深夜や早朝でも受取可能

まず代表的なコンビニ受取のメリットとしては、深夜や早朝といった時間帯でもネット通販で購入した商品を受け取れる点。

言うまでもなくそういった時間というのはクロネコヤマトも佐川急便も配送に対応していないので、いつも仕事で遅くなりがちな方や、遅番などで深夜に仕事が終わる方にコンビニ受取は向いていると言えます。

  • 自宅への配送:遅くても21時くらいまでに受取必要
  • コンビニ受取:夜中でも早朝でも受取可能

夜中でも早朝でも問題なく受取可能です。

2.好きなタイミングで受取ができる

好きなタイミングで宅配物の受取が出来る点もコンビニ受取のメリット。

たとえば午前指定で商品が届く場合、9時~12時の間にずっと自宅で『宅配業者が来ないな~』なんて待つ必要性があるのですが、コンビニ受取を選択すれば指定コンビニでいつでも宅配物の受取が可能となります。

  • 自宅への配送:宅配業者がいつ来るかわからない
  • コンビニ受取:自分がコンビニに行けば受取可能

中でも『今すぐ遊びに行きたいのに、宅配業者がいつまでも来ないからイライラする!』、そんなせっかちさんは常にコンビニ受取指定で買い物をしてもいいくらいかも。

受け取りたいタイミングで荷物を受け取れるのはストレスフリーです。

3.会社近くでも受取可能

自宅近くにコンビニもないし、深夜になるまで仕事からは帰れないし…という場合には、会社近くのコンビニで商品を受け取ってしまうのも手。

コンビニ受取なら好きなコンビニを指定して購入商品の受取が出来るので、出張先の札幌で…とか、取引先との飲み会の後に…など、自分の予定に合わせて受取が出来ます。

  • コンビニ受取なら自宅付近にコンビニがなくても大丈夫

反面、自宅受取だと自宅でしか購入品の受取が出来ないので、繰り返しになりますが夜遅くに帰宅する方だといつまでも受取が出来ないことに。

仕事柄、移動が多い方は移動先での受け取りをご検討ください。

4.家族に知られたくないものを購入できる

最後は家族にあまり知られたくないものを購入することが出来るメリットですね。

自宅に荷物が届いてしまうと嫌でも『なに買ったの?』とチェックされてしまいますが、コンビニ受取ならひっそり受取が可能です。

  • 自宅への配送:家族にバレる
  • コンビニ受取:家族にバレない

特にAmazonなど、多種多様な商品を販売している通販サイトでこれが有効的。

配偶者などの家族に知られたくないものを買うならコンビニ受取一択です(大人の必需品や、買っちゃダメと言われている趣味のものなど)。

プレゼントにも最適:

また、同居している家族や彼女へのサプライズプレゼントにもコンビニ受け取りは活用可能。

言うまでもなくプレゼントなどの贈答品を自宅で受け取るとバレやすいですが、セブンイレブンなどのコンビニなら『ちょっとコンビニ行ってくるね』と怪しまれずに外出&受け取りが可能でしょう。

サプライズパーティなどにも最適です。

コンビニ受取を有効活用しよう:

f:id:cardmics:20170409111248j:plain

ここまでコンビニ受取の利用メリットをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

大きくわけるといつでもどこでも受取が出来ること、そして周りにバレたくないものを買う場合などにコンビニ受け取りは有効的。

まぁまだまだコンビニ受取対応の通販モール&通販サイトは少ないですが、今後は更に増えていく可能性が高いので、是非、今のうちからそのメリットを正しく把握しておいてもらえればな…と思います(Amazonやユニクロでコンビニ受取可能)。

以上、ネット通販で買ったものを、コンビニ受取するメリットを調べてみた。深夜や早朝に宅急便を受け取りたいなら、コンビニ店頭で受け取ろう…という話題でした。

参考リンク:

ネット通販をよく使う方は、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを使って支払いをするのがおすすめ。

1円でも安く商品を買いたいなら、クレジットカードを乗り換えるところからはじめてみてください(詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com

PAGE TOP