その他の読みもの

世の中のアレコレを語るためのサイトです。

節約は大事だが、ムリな節約では誰も幸せにできない!家族にストレスをかけてまで光熱費や食費を削るくらいなら、収入を増やそう。

f:id:cardmics:20180715141321j:plain

家計の節約をしようとする時、まず目をつけがちなのが電気代、ガス代、水道代といった水道光熱費。

できるかぎり電気を付けないようにしたり、お風呂の水を洗濯に使ったりと、あれこれ試行錯誤して節約しようとしますよね。

まぁ個人的にその姿勢は大事だと思いますし、無理なくやるならそれでOK。無駄に使う電気やガスは環境のためにも良くないので、どんどんやるべきだと思います。

  • 白熱電球をLED電球に交換:節電効果あり
  • エアコンのフィルター掃除:節電効果あり
  • お風呂のシャワーヘッドを変更:水道代&ガス代節約効果あり

しかし、仮にその節約が「無理に行う節約」だとしたら、実は家計の収支改善にはまったく役立ちません。今回はそんな家計の節約に対する考え方について、記事にしてみたいと思います。

無理に行う家計の節約について:

過度な節約じゃ誰も幸せにならない:

まず、無理に行う家計の節約はなぜいけないのか…というと、それは節約できる金額よりも心理的ストレスのほうが上回ってしまうため。

たとえば前述のような白熱電球をLED電球に交換するようなものは、最初にその作業をするだけでそこからは努力なしで節約をし続けることが出来ます。

これなら苦労はその一瞬ですし、先行投資としてLED電球購入費用がかかってもおいおい回収できるので問題ありません。ストレスフリーで節約が可能です。

作業を必要とする節約は効果薄:

しかしながら、トイレの便座を温める機能をオフにしてみたり、家族に『冷蔵庫を開ける時はサッと空けてサッと閉めるように!』なんて徹底をするようなところまでいってしまうと、家族にかける負担があがり、自宅で過ごす時間の幸福度が下がってしまうことに繋がります。

  • カンタンな節約:努力なしで節約が可能
  • 努力が必要な節約:家族にかかる負担が増えて疲れる

それにも関わらず節約できる電気代なんてせいぜい月数百円程度。

缶ジュースやペットボトルドリンクを買えばその苦労が消えてなくなってしまうので、そこに時間やストレスをかけるくらいならやらないほうがマシと言えます。

節約を強制すると自宅の居心地が悪化する:

加えて自宅で過ごす際のルールが増えていくと、自宅の居心地が悪化してしまうデメリットも忘れてはいけません。

もうちょっとシャワーを浴びたいのにこれ以上はダメとか、洗濯に使いたいからお風呂のお湯を汚さないように気をつけるとか、冷たいビールを飲みたいのに冷蔵庫の設定温度が高くてぬるいとか、そういう些細な不満が積み重なっていくと自宅の居心地はどうしても悪化してしまうもの。

  • 自宅でのルールが少ない:居心地のいい家になる
  • 自宅でのルールが多い:学校や職場にいるような気分になる

最終的には自宅に帰りたくないと思う家族も出てくることでしょう(外出先での支出が増えて本末転倒に?)。

どんなものが無理な節約にあたるのか?

では、どんなものが無理な節約にあたる行為なのか、参考までに例をあげるとこんな感じ。

  • 1回のトイレで使う、トイレットペーパーの長さを定める
  • ほんとはダブルのトイレットペーパーが良いのにシングルにする
  • シャワーの温度は○○度までと決める
  • お風呂の水位は○○までと決める
  • シャンプーは1プッシュまで
  • 冬場でも洗面台で温水利用を禁止
  • エアコンは寝る前だけ
  • 暑いけどエアコンよりも扇風機優先
  • リビングの電気は明るさを調整し暗めにする

仮にみなさんがこれらの節約を家族に強制しているとしたら、すぐにでも辞めるべきだと思う私。家族の幸福度を下げてまで節約しても、良いことなどひとつもありません

すぐできる節約はどんどんやるべき:

反面、どんな節約であればすぐにでもやるべきなのかは、主に「契約を変更するだけで安くなる節約」や「先行投資によって安くなる節約」なもの。

冒頭での例を含め、下記のような対策であれば即座に実行すべきでしょう。

  • 白熱電球をLED電球に交換
  • シャワーヘッドを節水のものに変更
  • 古いエアコンを節電効率の高いエアコンに買い替え
  • 古い冷蔵庫を節電効率の高い冷蔵庫に買い換え
  • 新電力に切り替え(楽天でんきなど
  • 新ガス会社に切り替え(比較サービス
  • 自宅の屋根に太陽光発電を乗せる
  • 節水のトイレにリフォーム
  • 住宅ローンの借り換え
  • 燃費の良い車に買い替え

是非、ご検討ください。

電気の消し忘れで怒るのも無意味:

節約からは少しズレますが、電気の消し忘れなどを見つけ次第、注意したり怒るような行為もまったく意味なし。

電気をつけっぱなしにしてしまった本人も、別にわざとつけっぱなしにしてるわけではないので、たとえ不満に思ったとしても何も言わずに消しておいてあげるのが一番です。

それをせず注意し続けると家族のストレスが貯まり、結果、家族の人間関係がギクシャクしてしまうだけですよ(数円単位の節約にはなるが家族の中に不満や居心地の悪さが残る)。

  • 注意をする:
    数円程度の電気代が節約できるかもだけど、あなたに対する家族の不満が貯まる(怒った側にも怒ったという気持ちが残る)
  • 注意をしない:
    電気代を数円程度、損してしまうかもしれないが、家族が笑顔で過ごせるようになる(自宅の居心地があがって笑顔な家庭になる)

なにより、怒るというその行為そのものが勿体ありません。

食費についても必要以上に削らない:

f:id:cardmics:20190712205549j:plain

同様に創意工夫することで食費を必要以上に削る方もいますが、こちらも正直、おすすめしません。

理由はシンプルで「食べて満足する」ことは明日を頑張ろう…と思える活力になるため。

要するに食事の質が落ちると満足度が下がり、 人生いいことないなぁ…なんて悲観的にもなりかねないので、絶対にやってはいけないのです。

  • 自宅で食べる食事の満足度が低い:活力が回復せず毎日が辛くなる
  • 自宅で食べる食事の質が高い:活力が回復して翌日も頑張れる

まぁこれは説明するまでもありませんよね、誰しも美味しいものを食べれば元気になりますから。

それにも関わらずケチって豆腐やモヤシだけの料理を作ってみたり、キャベツ多めの料理ばかりだと幸せになれないのは容易に想像ができることでしょう。

食べたいものを食べよう:

それよりも家族が「ハンバーグを食べたい!」といえばハンバーグを作り、「エビフライが良い!」といえばエビフライを食べれるような食卓のほうが、家族の幸せにつながるもの。

確かに月額の食費負担は増えるかもしれません。

しかし、それ以上に家族の笑顔が増えれば「今度はもっと美味しく料理を作ろう」といった前向きな気持ちになると思いますし、家族も家族で仕事や勉強に打ち込めるものですよ。

それくらい食事で得られる活力って大事なんです。

たまには外食でリフレッシュも大事:

加えてマクドナルドなどのハンバーガー店や、すき家や吉野家などの牛丼屋で外食をする行為だって、節約をする上では厳禁な行為かもしれませんが、たまにはリフレッシュするためにも行くことをおすすめします。

なにせ今日作る料理を考え、スーパーマーケットに買い出しに行って料理をし、お皿に並べて出して片付けをする。こういった行為って結構大変なんですよ。

それを外食をして1人あたり400円くらいで抑えることが出来るとしたらどうでしょうか?

  • 料理の準備から片付けまでをする:
    かなりの時間がかかる&なんだかんだでお金がかかる
  • 料金の安い外食をする
    出費は多少増えるが準備や片付けに時間がかからない

それが家族の幸福度アップに繋がるのなら、その数百円を払うべきだと私は思います。

自宅で料理はお金がかかっている:

徹底的に節約を考えて料理をするならともかく、それ以外の場合には自宅での料理って結構、費用がかかってるものなんですよね。

たとえばガス代や電気代、水道代などの光熱費はもちろんのこと、包丁、まな板、鍋、フライ返しなどの調理器具、お皿やコップなどの食器、洗剤やスポンジなどの掃除用具などなど、そういったものを考えると、実は安価な外食に頼ったほうが安い場合も少なくありません。

  • 自宅で料理:食材以外にも光熱費、食器、調理器具、掃除用具代などがかかる
  • 外食に行く:徒歩で行ける場所なら食費のみ

まぁ毎回外食に行って牛丼やハンバーガーばかり食べるのは健康を考えるとダメですが、過度に節約を考えすぎて外食を一切しないというのも勿体無い考え方なので、是非、たまには自宅で料理を作ることにはどのくらいの費用がかかっているのかを考えてみてください。

きっと外食してもいいかな…と思えるくらいに、なんだかんだでお金がかかってると思いますよ。

幸福なら人はもっと頑張れる:

f:id:cardmics:20181113165956j:plain

もちろん電気代にしろガス代にしろ食費にしろ、労せず削れる無駄な部分は徹底的に削るべきです。

しかし、ここまで解説してきたように「苦労しなくちゃ削れない費用」を削ろうとするのは百害あって一利なし。

仮に数千円の節約が出来たとしても家族の幸福度が下がってしまい、明日を頑張ろうという活力が生まれないので悪循環に陥るだけ。

  • 節約はほどほどにする:家族全員が幸せ、明日を生きる活力がうまれる
  • 節約を無理にする:家族全員が疲れ、明日を生きる活力がうまれない

活力がなくなれば当然、仕事をする活力も低下し収入が減少します。

節約するより少しだけ多く働こう:

それに頑張って頑張って、その上でやっと実現させる数千円の節約なんて、正直、2~3時間も働けばすぐに手に入るお金。

そのために食事や自宅にいる時間の満足度をさげるくらいなら残業時間をちょっと増やしたり、アルバイトやパートに出て働ければいいわけですから、どちらを優先すべきかは言うまでもありません(下記の短時間バイトで収入を増やすなど)。

結果としてそれで自宅にいる時間が充実し、更には食事の質もあがるなら安いもの。そして毎日が幸せになれば活力が増し、収入アップに繋がる好循環も期待できることでしょう。

以上、節約は大事だが、ムリな節約では誰も幸せにできない!家族にストレスをかけてまで光熱費や食費を削るくらいなら、収入を増やそう…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードをポイントが貯まりやすいものに切り替えるだけで、家計の支出はだいぶ削減できます。専門家おすすめの高還元率クレジットカードについては下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP